imption Column

とらわれない器たち     人間国宝のある陶芸家は言いました。 作ることは生きることだと。   瀬戸で作陶するある陶芸家は言いました。 作る人が生きているのだと。   前者は土に根を張るように深く力強く、 後者は気まぐれに吹く風のように自由。   似て非なる2つのことばが、陶芸の奥深さを感じさせます。   ...
    ラムスによる良いデザイン10ヶ条     <BRAUNデザイン> 1921年、マックス・ブラウンによってラジオ部品の製造会社が設立されたことが始まり。 1932年、ヨーロッパではじめてラジオとレコードプレーヤーの複合機を発売。 この頃には今も使われているBRAUNロゴの原型が完成しています。 1951年、ウルム造形大学に注目し、バウハウ ...
    家具は天然色     一昔前までインテリアはスタイルやカラーなどをある程度揃える、というのが一般的でした。 今でもその手法は間違っていませんし、整ったインテリアというのは気持ちの良い生活を送る空間づくりとしては正解です。 しかし昨今ではあらゆるスタイルが日本でも手に入り、好みの多様化が生まれてミックススタイルも受け入れられるようになってきました。 ...
    名建築探訪記からの出張買取 2022 Part2 直島編         前回のコラム『インプションオーナーが行く 名建築探訪記からの出張買取 2022 Part1 岡山編』から、時間が掛かってしまいましたが、『Part2 直島編』の執筆が完了しましたのでご覧下さいませ。       ...
  名建築探訪記からの出張買取 2022 Part1 岡山編       先月、香川県からimptionまでお見積りのご依頼があり、香川県の坂出市民ホールで使われていたというコトブキ製・柳宗理デザインのサイドチェアのお買取りに行かせて頂きました。   せっかくの香川県までの出張買取ですので、かの有名な【世界のタンゲ】といわれた建築家・丹下健三氏の建築を見 ...
    メタボリズムグループの建築家・大高正夫による建設     遠く四国から、めずらしい椅子がやって来ました。   この椅子が置いてあったのは、建築好きなら耳にしたことはあるかなと思われる、香川県の坂出人工土地。   その市民ホールで使われていたものです。   坂出人工土地は1968年に建設が始まり、 ...
    お部屋にプラスしたいカラフル気分     気温が暖かくなり、草木の芽吹きが元気になって、きれいな色で自然界を彩ってくれる春が到来しましたね。   ここ東京も桜がきれいに咲き誇っています。   そしてインプションには、たくさんの色とりどりな北欧雑貨が入荷。   なんか難しい世の中になっていますが、 ...
TOKYO RECYCLE imption | Store Introduction         昨年10周年を迎えたインプションですが、お店は全部で6店舗ございます。     祖師ヶ谷大蔵店:本店であるこのお店は1FとB1Fフロアがあり、およそ300平米の大型店。   用賀店:インプション第一号店であるこの ...
Special issue – December 2021年も良い物たくさん、ありがとうございました!       2021年も残すところおよそ2週間、コロナの脅威にさらされた1年も終わろうとしています。 最近の日本は感染者の数も少なくなって、やっと普通の生活に戻れるかなと思っていたら、海外で新しいオミクロン株が出てきてしまい、またかといった状態。 でも日本の国民性 ...
Special issue – November Fritz Hansen 始めませんか?       1872年創業の歴史あるインテリアメーカー、フリッツハンセン。 今に至るまで、コーア・クリントやハンス・J・ウェグナー、フィン・ユール、アルネ・ヤコブセン、ソーレン・ハンセン、ポール・ケアホルム、ヴェルナー・パントン、オーレ・ヴァンシャーなど数多くのデザイナーが作品を発表してき ...
    ポストモダンデザインの旗手たち   近年、人気の復活が見られるポストモダンデザイン。 ポストモダンって一体どういうものなのでしょうか。 調べると哲学や建築、芸術など広範にわたる様々な分野で流行した思想的な運動のようで、近代からの脱却を目指した主義のことを指すようです。   しかし主義などの難しい部分は私の頭では説明できませんので、皆さま各々で ...
Special issue – October スペシャルなアイテムとの出会い     残暑から解放され、心地よく過ごしやすい季節となりました。   本当であれば今月号は「可愛いウッドオブジェ」だったり、「秋色の家具集」だったり、秋の季節を感じるそんな特集を組みたかったのですが、ここ最近珍しいアイテムが嬉しくも一気に集結しまして。   これは特集しなければ勿 ...
Special issue – September 秋の夜長を灯かりで楽しむ。     韓愈(かんゆ)という唐の文人が詠んだ、「灯火親しむべし」という言葉。「涼しく夜の長い秋は、灯火の下での読書に適している」いう意味が込められたこの詩は、「読書の秋」と呼ばれる所以のひとつでもあります。   昔のように、蝋燭で過ごす夜も良いものですが、本を読むにはやっぱりちょっと暗いかも。 ...
Special issue – August 今月の家具傑作選。     この夏は東京オリンピックで賑わった日本ですが、インプションではホットなアイテムが沢山入荷し、賑わう7月でした。   待ってました!と言わんばかりの初めてのアイテム、ワクワクする大量入荷、見たことのないモノ等、暑い夏にも負けない、熱いアイテムたちをぜひご覧くださいませ。     ...
価値あるものをつぎへ「繋ぐ」     生活にゆとりと心地よさをもらたしてくれる北欧のアイテム。家で過ごす時間が増え、「おうち時間」もとい「おうちカフェ」を素敵に演出してくれる北欧陶器を集め始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そして、気づいたら食器棚いっぱいになってしまった・・・という方もいらっしゃるかもしれません。   今回はすっかりと日本の定番になりつつある北欧陶器の、気 ...
Special issue – July おすすめインテリアブランド     SNSで、雑誌で、カフェで、さまざまなところでインテリアを見たとき、「おしゃれだなあ」と思うのはどんな時でしょう?   空間が贅沢に使われていたり、すごく素敵な家具があったり、ディスプレイが可愛かったり、そう思う要素はたくさんあると思います。・・・が!その中でも一番大切だと思うのが「テイスト」が統一され ...
暮らしに彩りを与えてくれるmarimekko     1951年にフィンランドで誕生したアパレルテキスタイルメーカー、marimekko(マリメッコ)。   衣類、バック、アクセサリー、ホームデコレーションなど、ライフスタイル全体をコーディネートするコレクションを発信し、その中でも大胆で色鮮やかなテキスタイルは世界中で愛されています。   今回、そんなマリメッ ...
Special issue – June Japanese modern 日本が誇る 巨匠たち。     日本のモダニズム建築の発展と並行して進化したジャパニーズ・モダンな家具たち。西洋の建築に影響を受けてはいるものの、日本独自の伝統や文化、素材を要素としたデザインは、インテリア界に新たな潮流を生みました。   3月にホテルオークラの別館カメリアで実際に使われていた家具を大量にお ...
不思議な魅力のmina perhonen     1995年、デザイナー 皆川 明氏により 設立された「minä(ミナ)」。2003年に現在のブランド名でもある「minä perhonen(ミナ・ペルホネン)」へと改名し、いまでは日本のみならず、世界で人気を集めるファッションブランドです。   2020年には最大規模の展覧会、「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」が開催され、さらに多 ...
Special issue – May 感謝をカタチに 両親へ贈る プレゼント。     4月の新生活から早1ヶ月。新しい生活にもそろそろ慣れてきた頃でしょうか?いやむしろ、春の忙しさに実家が恋しくなってきた、という方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな時期を見計らってなのか、5月には『母の日』、6月には『父の日』が続きます。普段は言えない「ありがとう」の気持ちを伝える絶好のチャンスです。 & ...
Special issue – April artek 人気の理由とその魅力     1935年にアルヴァ・アアルトが自作の家具を国内外に販売するために、妻のアイノ・アアルトらと共に設立した、家具ブランド『 artek / アルテック 』。北欧を代表するブランドのひとつであり、2019年には東京・表参道の地に日本初直営店がオープンしたりと日本での人気も凄まじいものとなっていますね。   ...
アアルト"夫妻"に焦点を当てた今までにない展覧会     世田谷美術館で開催されている「アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話」展に行ってまいりました。以前、神奈川県立近代美術館 葉山で開催されたアアルト展は『アルヴァ・アアルト』に焦点を当てた展覧会でしたが、今回は『アイノとアルヴァ ”二人”のアアルト』に焦点を当てた展覧会。今までそれほど注目されていなかった『アイノ・アア ...
    ホテルオークラという建築物   1962年に竣工したホテルオークラ東京 本館。 谷口吉郎ら5人が結集して造られた日本屈指のモダニズム建築は、世界各国数多の人々に惜しまれつつ、2015年に閉館しました。 その本館竣工から11年後の1973年にホテルオークラ東京 別館が竣工。 本館と同じ谷口吉郎ら5人によって建てられた別館も本館ほど有名ではありませんが、日本モダニズムの ...
Special issue – March 無印良品のある生活     「無印良品のある生活」 インスタグラムのタグでついついクリックしてしまうワードです。   スッキリとした暮らしを実現するための引き算、反対に自分好みに足し算(カスタマイズ)していく楽しみ、他のブランド家具と掛け算してオリジナリティも出したり。どんなカタチにも難なくハマってくれるのが無印良品です。 ...

CATEGORY | カテゴリー

imption All item

SHOP | 店舗情報

  • 祖師谷大蔵店

    〒157-0071
    東京都世田谷区千歳台 2-46-10-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5429-9415
    FAX:03-5429-9416
    Free:0120-987-565

  • 用賀店

    〒158-0098
    東京都世田谷区上用賀 6-33-22-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-3429-2311
    FAX:03-6432-6799

  • 経堂店

    〒156-0051
    東京都世田谷区宮坂 3-20-1
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5426-2041
    FAX:03-5426-2042

  • 下北沢店

    〒155-0031
    東京都世田谷区北沢 2-6-11-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5452-4746
    FAX:03-5452-4747

  • 自由が丘店

    〒158-0083
    東京都世田谷区奥沢 5-20-21-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-6421-1294
    FAX:03-6421-1295

  • 学芸大学前店

    〒152-0004
    東京都目黒区鷹番 2-4-12・2-9-3
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-6303-2880
    FAX:03-6303-2898