「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」開催

 

 

 

建築の分野だけでなく総合芸術家として20世紀を駆け抜け、数々の功績を残した巨匠、ル・コルビュジエ。

故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」を推進したル・コルビュジエ若年期の約10年間の活動を振り返る「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」展が国立西洋美術館にて開催されます。会期は2019年2月19日(火) ~ 5月19日(日)。

 

 

 

世界遺産の国立西洋美術館で、建築家「ル・コルビュジエ」の原点を観る。

 

 

20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965)が設計した国立西洋美術館本館は、日本で唯一のル・コルビュジエ建築であり、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。開館60周年を記念して開催されるこちらの展覧会は、若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。

第一次大戦の終結直後の1918年末、ジャンヌレと画家アメデ・オザンファンは、機械文明の進歩に対応した「構築と総合」の芸術を唱えるピュリスムの運動を始めました。そして、絵画制作に取り組みながら新しい建築の創造をめざしたジャンヌレは、1920年代パリの美術界の先端を行く芸術家たちとの交流から大きな糧を得て、近代建築の旗手「ル・コルビュジエ」へと生まれ変わります。

こちらの展覧会はル・コルビュジエと、ピカソやブラックらをはじめとする同時代の作家たちの美術作品など約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成されます。ル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した世界遺産建築の中で体感できる、またとない機会となるでしょう。

 

 

 

ピュリスムの画家ジャンヌレ 「ル・コルビュジエ」誕生の前夜

 

世界に名を馳せる建築家ル・コルビュジエへと飛躍する前、無名の青年シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)は故郷のスイスを離れ、1918年末画家アメデ・オザンファンと共同で開いた展覧会に合わせて冊子「キュビズム以後」を発行し、近代の精神を表現する新しい芸術として「ピュリスム」を宣言します。ピュリスムの運動は1925年に幕を閉じますが、新しい芸術の情熱に駆り立てられたピュリスム時代の精神的な活動を通じて、無名の少年であったジャンヌレは建築家ル・コルビュジエへと飛躍を果たしました。

 

 

 

キュビスムとの共演 ル・コルビュジエが生きた1920年代パリの美術界

 

20世紀初頭の美術に革新をもたらしたキュビスム(立体派)。ル・コルビュジエは第一次世界大戦後のパリの美術界で第二の隆盛期を迎えたキュビスムをピュリスムの先駆と位置づけ、その作品に新しい建築の創造へ向かう力と励ましを得ます。パブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、フェルナン・レジェ、フアン・グリスの絵画と、ジャック・リプシッツ、アンリ・ローランスの彫刻により、ル・コルビュジエが身を置き、多大な刺激を受けた1920年代のパリの前衛美術環境が再現されます。

 

 

 

 

 

絵画から建築へ 総合芸術家ル・コルビュジエの多彩な活動

 

ル・コルビュジエが最初の著書に記した「家は住むための機械である」という言葉はあまりに有名ですが、彼は決して機能が建築の全てだと考えていたわけではありません。合理性・機能性を満たしたうえで、「詩的感動」を呼び起こす造形に達してこそ建物は「建築」の名に値すると彼は主張しました。

ル・コルビュジエの多彩な活動を常に支えたのは、人間に自由と幸福を与えるのは芸術であり、建築こそ最も高貴な芸術であるという信念でした。こちらの展覧会では同時代の優れた芸術家やデザイナーとの協働によるル・コルビュジエの1920年代の広範な業績を、彼自身の作品である国立西洋美術館の中で紹介します。

 

 

 

 

 

ル・コルビュジエと国立西洋美術館

 

 

20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエは、アメリカのフランク・ロイド・ライト、ドイツ出身のミース・ファン・デル・ローエと並び、「近代建築の三大巨匠」のひとりに数えられます。

スイスの高級時計の生産地ラ・ショー=ド=フォンに生まれ、当地の美術学校で学んだ後、ウィーン、パリ、ベルリンなどの諸都市で建築と美術の新しい動向に触れました。1917年からパリを拠点に定め、1930年にフランス国籍を得ています。1920年から「ル・コルビュジエ」の名で著述活動を行い、『建築をめざして』(1923年)をはじめとする数々の著作と建築作品により、近代建築の第一人者として国際的に注目されました。

「近代建築の5原則」や「モデュロール」など独自の理論によるル・コルビュジエの代表的な建築作品のうち、「ラ・ロシュ=ジャンヌレ邸」(1923-25年、フランス パリ)、「サヴォワ邸」(1928-31年、フランス ポワシー)、「国立西洋美術館」(1955-59年、日本 東京)など7か国17資産からなる「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」が、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

 

 

 

開催概要

 

展覧会名:国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

会期:2019年2月19日(火) ~ 5月19日(日)

会場:国立西洋美術館 本館

開館時間:午前9時30分~午後5時30分(毎週金曜日・土曜日は午後8時まで)*入館は閉館の30分前まで

休館日:毎週月曜日(ただし3月25日、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)

主催:国立西洋美術館、ル・コルビュジエ財団、東京新聞、NHK

公式サイトはこちらから:「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」

 

 

 

CATEGORY | カテゴリー

imption All item

SHOP | 店舗情報

  • 祖師谷大蔵店

    〒157-0071
    東京都世田谷区千歳台 2-46-10-1F
    OPEN 11:00 ~ 20:00
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5429-9415
    FAX:03-5429-9416
    Free:0120-987-565

  • 用賀店

    〒158-0098
    東京都世田谷区上用賀 6-33-22-1F
    OPEN 11:00 ~ 20:00
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-3429-2311
    FAX:03-6432-6799

  • 経堂店

    〒156-0051
    東京都世田谷区宮坂 3-20-1
    OPEN 11:00 ~ 20:00
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5426-2041
    FAX:03-5426-2042

  • 下北沢店

    〒155-0031
    東京都世田谷区北沢 2-6-11-1F
                OPEN 11:00 ~ 20:00
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5452-4746
    FAX:03-5452-4747

  • 自由が丘店

    158-0083
    東京都世田谷区奥沢 5-20-21-1F
    OPEN 11:00 ~ 20:00
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-6421-1294
    FAX:03-6421-1295

  • 学芸大学前店

    〒152-0004
    東京都目黒区鷹番 2-4-12・2-9-3
    OPEN 11:00 ~ 20:00
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-6303-2880
    FAX:03-6303-2898