Herman Miller
Aeron Chair& Aeron Side Chair

 

 

世の中には優れたプロダクトが沢山あり、ロングセラーであればそれだけ細かな仕様の異なるアイテムがあります。

家具で言えば素材の樹種が違ったり、椅子であれば張地の色や柄なんかが分かりやすいですね。

 

イームズのシェルチェアであればシェルはそのままに脚部のベースによって使い方や雰囲気も大きく変わりますね。

どちらが優れているなんて話もたまに見かけたりしますが、結論から言うと、どちらも良いのです。

どちらが自分の好みに合うか、それが一番大事。

 

今回は、万人が認めるタスクチェアとその仕様違いのサイドチェア。

あなたのお好みは、どちらでしょうか。

 

 

 

 

Mushroom or Bambooshoot

 

 

>>この商品の詳細を確認する

 

アーロンチェア。1994年にハーマンミラー社より発売されたタスクチェア。オフィスチェアとも呼ばれますが、複数のタスクを並列してこなす人々に必要とされた機能的な椅子としてそのような呼称があるようですね。

 

マイコンやワープロの時代のように会社に1台あって触れるのはごく一握りの人々。。なんて話はすでに過去の話で、今では一人で複数台なんてことも珍しくはない時代。

スマホやタブレットも普及して、コンピューターが私たちの生活を支えていることを実感しますね。

 

 

 

 

 

 

多くの事を私たち人に代わってこなしてくれるコンピューター。向き合う時間もそれ相応に増えてきます。

昔は事務方に多かった肩こりや腰痛といった体の不調が、より多くの範囲に、より多くの人に広がっていったのは自然の流れ。

 

集中する事が多い作業時、負担が少なくするためには椅子が重要。ハーマンミラー社は現代を生きる人々のためエルゴノミクスと呼ばれる人間工学を長年研究してきました。ハーマンミラー社と協同して研究を行っていたのはドン・チャドウィック氏とビル・スタンフ氏。二人が焦点を当てたのは長時間使用時に感じる不快感です。

 

研究の結果、身体と座面の接触によって生じる熱が溜まる事がその原因と、一つの結論に至りました。ビニール素材のレインコートを着たり、長靴なんかを履いているときに感じる感覚に近いでしょうか。

 

 

 

 

 

 

その原因を解決するために開発されたのはペリクルと呼ばれるメッシュ素材。トランポリンのような弾力性と均一な孔がもたらす通気性を持ち合わせています。体重を広い面積に分散して、溜まる湿気や熱を孔から放出する。一挙両得な解決策です。

これによってハーマンミラー社は新しいチェアの地平を切り開いたといっても過言ではありません。

 

今でこそ珍しいものではありませんが、当時はクッションフォームやウェービングテープ等が主流であり、社内からも革張りのものにすべきだという反対意見もあったようです。ですがハーマンミラー社はデザイナーの意思を尊重し、販売へと舵を切りました。

 

 

 

 

 

 

昇降やキャスターと言った基本機能に、リクライニング、左右上下調節可能なアーム、腰部を支えるランバーサポート、そして集中すると前傾する姿勢にフィットしてくれるチルト。

 

革新的な機能に加えてABCと3サイズの展開と、インクルーシブ(すべて人)にフィットする万能チェア。定価15万円以上の高級チェアであるにも関わらず累計750万台を売り上げる、値段以上に価値を感じられるマスターピースとなっています。

 

 

 

 

 

 

今回のご紹介はその1脚とその派生形。機能盛りだくさんなチェアですがご自宅や応対スペースではゴテゴテしすぎているのが気になるという声も聞きます。

 

確かに仕事に集中する、ある意味戦場と呼べる場所であれば機能最優先で気にならない所も、少し引いた気分で過ごす場所ではオーバースペック感があります。

 

ですがこの“アーロン サイド チェア”であれば随分と雰囲気が変わります。キャスター付きの脚部はカンチレバーのフレームへと変わり、アームレストも兼ねているためスッキリと軽やかな印象に。

 

アーロンチェアらしいペリクルメッシュやシートのデザインはそのままに、よりカジュアルな気分でお使い頂ける佇まいへと変わっています。

 

 

 

 

 

 

先に紹介したアーロンチェアが動きに追随する「パワードスーツ」だとするならば、アーロンサイドチェアはさながら高機能な「テーピング」。自らが動く事は無くともしっかりと身体を支えてくれる縁の下の力持ち。カンチレバーならではの気持ち良いしなりはこの組み合わせでなければ味わえません。

 

アーロンチェアの凄さは知っているけれども、あまり置く場所にタスクの緊張感を持ち込みたくない人へ。是非ともお勧めしたい1脚になります。

 

 

 

 

 

栄養ドリンクのキャッチコピーのように、いつでも戦闘態勢なあなたには無意識の姿勢まで万全にサポートするアーロンチェアを。

 

少し寛いだ場所やおもてなしのTPOをチェアに求めるあなたには、アーロンサイドチェアを。

 

どちらも素敵な1脚。なので結論、どちらでも良いのです。

 

あなたのお好みは、どちらですか?

 

 

 

 

Herman Miller Aeron Chair

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Herman Miller Aeron Side Chair

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お取り扱い店舗 

 

» 用賀店

店舗情報はコチラからご確認下さい。

 

» 用賀店の取扱商品一覧

※常に最新の在庫状況の反映に努めておりますが
実店舗での販売を兼ねている為
ご覧頂いた時には売り切れとなっている場合も御座います。

お手数をお掛けしますが、ご来店の際は店舗まで一度ご確認をお願い致します。

 

CATEGORY | カテゴリー

imption All item

SHOP | 店舗情報

  • 祖師谷大蔵店

    〒157-0071
    東京都世田谷区千歳台 2-46-10-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5429-9415
    FAX:03-5429-9416
    Free:0120-987-565

  • 用賀店

    〒158-0098
    東京都世田谷区上用賀 6-33-22-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-3429-2311
    FAX:03-6432-6799

  • 経堂店

    〒156-0051
    東京都世田谷区宮坂 3-20-1
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5426-2041
    FAX:03-5426-2042

  • 下北沢店

    〒155-0031
    東京都世田谷区北沢 2-6-11-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5452-4746
    FAX:03-5452-4747

  • 自由が丘店

    158-0083
    東京都世田谷区奥沢 5-20-21-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-6421-1294
    FAX:03-6421-1295

  • 学芸大学前店

    〒152-0004
    東京都目黒区鷹番 2-4-12・2-9-3
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-6303-2880
    FAX:03-6303-2898