THONET
Bentwood Chairs

 

 

今日は風が冷たいですね。日差しが身体に当たると春寄りの温かさを感じるものの、やはり風は冷たいです。(大事なことなので2回言っています)

 

家具の事をお話する上で大切な要素に「ビンテージ」というものがありますね。

長い年月を生きてきたアイテムは、人が年を数えて刻んだ皺(しわ)のような独特な陰影を感じさせます。

 

今回ご紹介するのは多くの人にその年月を経た魅力を伝えてくれる、素敵なアイテムです。

宜しければ最後までお付き合い下さい。

 

 

 

時を経た家具達の言葉

 

 

>>この商品の詳細を確認する

 

今回のアイテムはベントウッド。「曲木(まげき)」と呼ばれる木材の加工法が使われたアイテムになります。

クラシックな見た目。奇抜とか、変と思う事なく万人が当たり前にあるものとして受け入れられるフォルムかと思います。

 

 

 

 

 

昔から家具に用いられてきた素材、木。

家具作りは木材に対して沢山の工程が必要です。

 

木を曲がりが少ないように育て、伐採した後に下処理を行い年単位で乾燥。

必要とされる部材ごとにカットして、デザインに沿った形に削り出していきます。

アイテムによっては木の接着や木材チップの圧縮とコストや主材に応じた工程が追加されます。

そして最後に仕上げ、組み上げ、検品。完成したアイテムを小売店へ輸送して、購買者が手に取れるようになるわけです。

 

うーん、長い時間が掛かってますね。

 

 

 

 

 

アイテムの価格は、原材料の他にどれだけ手間がかかっているかが深く影響します。

曲木の家具が普及するまでは、そこに工場から小売りの店舗までの「輸送費」が多く掛かっていました。

完成品の形でしか輸送が出来ないという事は、一度に運べる数が限られ、回数が増えると運ぶ人の賃金が多く必要になる、という事です。

多くの家具製造者が、それを前提とした値段を家具に付けていたのです。

 

 

 

 

 

今回ご紹介のメーカー、トーネットの創業者ミヒャエル・トーネットは、新しい「曲木」の加工法を確立させた事で、その価格に挑戦します。

 

ドイツのボッパルドそばに多く生育していたブナ(ビーチ)材は、軽く曲木の加工がしやすい適材。丈夫な無垢材のまま、少ないパーツで椅子を構築する事で、軽くて、そして組み上げに職人技を必要としない優れたモデルを作り上げたのです。

 

完成品であれば2脚重ねて一杯な1メートル四方の体積に、トーネットの椅子は36脚分のパーツを収納出来たそうです。自動車が無い時代ですからこの事による価格差は購買者に大きく響いた事でしょう。

 

 

 

 

 

 

もちろん廉価である事は多くの人に手が届くメリットを生みましたが、トーネットの凄さはそれだけではありません。

流麗な円を描ける曲木によるデザインの拡充、培った熱加工を使用したインタルシアと呼ばれる装飾技術。パリ万博での金賞受賞や現地生産を可能にする海外工場建設などの経営手腕も相まって、世界的な企業へと成長します。

 

 

 

 

 

 

時代と共に装飾的な家具がなりを潜め、モダンへとシフトしてゆく世の中で、トーネットはバウハウスという芸術運動の中、スチールパイプを用いた家具作りでもその中核を担います。

それは単なる技術だけではなく、企業としての美意識が評価されていた事に他なりません。

 

協同したマルト・スタムや、ミース・ファン・デル・ローエ、マルセル・ブロイヤーはもちろん、モダンデザインの3大巨匠ル・コルビジェや、画家のパブロ・ピカソもトーネットの椅子を愛用しています。

感性鋭い彼らの直観にかなう美しさは、現代においても失われることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2脚はロゴから、1922年~1940年あたりに製造したと思われるアイテム。

少しずつ直しが入っておりますが、それすらも魅力に思えるビンテージ(もう少しでアンティークに手が届きます!)アイテムです。

 

 

 

 

 

当時の最先端は、生き残ったものだけが今の私たちが感じる「クラシック」に変貌します。

今の最先端は、どれが後世のクラシックになるのでしょうか。

インタルシアを行う道具なんかは、企業によってはまだ保存されているものもあるそうですが、

「当時の美しさ」を感じられるのは当時に作られたアイテムだけの特権です。

 

年月を経た家具たちに言葉はありませんが、その美しさが雄弁に語りかけてくれます。

素敵なビンテージアイテムを、ご自宅にいかがでしょうか。

 

 

 

 

トーネット THONET ベントウッドチェア ダイニングチェア 曲木 インタルシア ビンテージ A

 

 

 

 

 

 

トーネット THONET ベントウッドチェア ダイニングチェア 曲木 インタルシア ビンテージ B

 

 

 

 

 

 

 

 お取り扱い店舗 

 

» 学芸大学店

店舗情報はコチラから、ご確認ください。

» 学芸大学店の取扱商品一覧

 

※常に最新の在庫状況の反映に努めておりますが、
実店舗での販売を兼ねているため、
ご覧頂いた時には売り切れとなっている場合もございます。

ご来店の際は、お手数をお掛け致しますが店舗の方まで一度ご確認をお願いします。

 

 

CATEGORY | カテゴリー

imption All item

SHOP | 店舗情報

  • 祖師谷大蔵店

    〒157-0071
    東京都世田谷区千歳台 2-46-10-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5429-9415
    FAX:03-5429-9416
    Free:0120-987-565

  • 用賀店

    〒158-0098
    東京都世田谷区上用賀 6-33-22-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-3429-2311
    FAX:03-6432-6799

  • 経堂店

    〒156-0051
    東京都世田谷区宮坂 3-20-1
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5426-2041
    FAX:03-5426-2042

  • 下北沢店

    〒155-0031
    東京都世田谷区北沢 2-6-11-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-5452-4746
    FAX:03-5452-4747

  • 自由が丘店

    158-0083
    東京都世田谷区奥沢 5-20-21-1F
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-6421-1294
    FAX:03-6421-1295

  • 学芸大学前店

    〒152-0004
    東京都目黒区鷹番 2-4-12・2-9-3
    OPEN 11:00 ~ 19:00(短縮営業中)
    CLOSE 木曜定休日 年末年始
    TEL:03-6303-2880
    FAX:03-6303-2898